印鑑の大きさは会社内で比較されています

最近、印鑑はインターネット上の通販でも簡単に購入することが出来ます。会社で閲覧する文書の中には、稟議や回覧文書に押印する欄が必ず設けられていることが多いです。その際、新入社員の方は特に注意していただきたいのですが、印鑑の大きさには意味があるということです。隣の上司よりも直径が大きい印鑑を使用していませんか。また、読みにくい亀甲文字の文字だったりしませんか。心当たりのある方は明日にでも文房具屋さんやはんこ屋さんに行ってなんでもない普通のはんこに変えた方がよいです。スタンダードなサイズは10.5ミリです。それよりも大きくなると多くの上司(課長程度)よりも大きなはんこを使うことになり、小さすぎると(捨印)あまりにも卑屈で小さい人と思われます。仕事の魂は細部に宿ります。これまで気にしなかった人も、会社で使う印鑑は周囲の大きさと比較して購入を検討するようにしましょう。

印鑑で人間性の大きさが比較されています

印鑑をインターネット上で簡単に買うことが出来ますが、会社で使う印鑑を購入するときは必ず大きさに注意してください。素材も象牙やチタンなど高価なモノもオンライン上では安く買うことが出来ます。しかし、大きさだけはこだわりのない人が多すぎます。会社で閲覧する文書の中には、稟議や回覧文書に押印する欄が必ず設けられており、印鑑の大きさには意味があります。上長よりも大きい印鑑を使用してはいけません。これはルールブックには書いていないマナーの問題です。そもそも印鑑にこだわれない人は自分へのこだわりがありません。心当たりのある方は明日にでもオンラインでなんでもない普通のはんこに変えた方がよいです。直径は10.5ミリ程度が目安です。これまで気にしなかった人も、会社で使う印鑑は周囲の大きさと比較して購入を検討すべきです。

印鑑の素材と大きさの比較

印鑑は文具屋さんやはんこ屋さんで簡単に購入することが出来ますが、最近では通販などインターネット上で簡単に買うことが出来ます。お店で選ぶときは素材を実際に目にして場合によっては触らせてもらって押し心地を想像することが出来ます。会社で使うのであれば、チタンなど割れにくい素材がおススメです。ちなみに高級感を演出するのであれば、色々な素材があるのでまずはお店で相談してみるとよいです。気に行った素材があればインターネット上で探し、購入してみましょう。自分の名前を表すモノなので、値段には糸目をつけずある程度こだわったものを買いましょう。印鑑へのこだわりは自分へのこだわりと同じです。ナルシストはいけませんが、これまで気にしなかった人も、会社で使う印鑑は色々なパターンを見て比較し、こだわって選ぶべきです。

法人印鑑(銀行印・代表者印・角印)です。 大切な人の新しい門出に印鑑をプレゼントしませんか、実印・銀行印のセットなら40%OFFになる特別料金をご用意しています。 大切な時に使う印鑑は、その方の分身と言われるほど貴重なもの、40年近くその想いを形にしてまいりました。 印鑑購入前に比較するなら平安堂にお任せ下さい。 良い品を適正価格です。 店舗数60店舗直営です。 お近くに平安堂の店舗があれば、送料かからず受取可能です。 象牙印鑑です。

Blog Home